ED治療に広く利用されている

製造経験が豊富なアメリカでは、ほとんどの消費者が利用

picture7.jpg

バイアグラのジェネリックは、先発医薬品のバイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルが含まれており、種類は3種類あります。成分量に応じて100 mg、25 mg、50 mgと分かれています。一部の国では120mgも製造される場合や、さらにそれ以上の成分量が製造されているところもあります。成分量が多いと偽物の製品だという根拠のない噂がありますが、バイアグラは特許満了しているためファイザー社が製造していない容量であっても、他の会社が製造することができるのです。日本で販売されているジェネリックは、現在25 mgと50 mgの2種類です。

シルデナフィルの成分はご存知の通り、アメリカの大手製薬会社であるファイザー社が開発し、1998年に発売を開始した錠剤タイプの薬です。世界初のED治療を目的とした飲む錠剤です。錠剤の色が青なので ブルーダイヤモンドという別名があります。

また、バイアグラは先発医薬品とも呼ばれます。一般的に最初に開発され特許を取得し発売された薬を先発医薬品と呼ぶのです。逆に後発医薬品というのは先発医薬品の特許が終了し、先発医薬品と同じ成分で作られた薬を指します。欧米ではそれをジェネリックと呼びます。先発医薬品は特許を所有した会社のみが製造できますが、後発医薬品は製造許可を得ることさえできれば一般的にさまざまな製造会社で作ることができます。

バイアグラのジェネリック製品はメーカーが違ってもEDを治療する効果、飲み方、副作用、注意事項まで基本的には全てバイアグラと同じです。製造方法によっては投薬後の薬の消化状態などに違いがでる場合もあります。 ジェネリック医薬品は違法の製品ではありません。新薬の特許が切れた後に作られた合法の薬です。

ジェネリックがバイアグラのプレミアム版だとか最新バージョンの薬だとか新薬だとか...そのような口コミがありますがそれは違います。ただの先発医薬品の後発医薬品だというだけです。

ジェネリックの価格は先発医薬品よりも安いです。バイアグラの場合もジェネリックは価格が60%以上安いです。薬に開発コストが全く投資されておらず、作るコストだけが含まれているため安いのです。

安く販売されているジェネリックは、日本とは違い外国の医療機関では広く利用されています。特にジェネリックの製造経験が豊富なアメリカでは、ほとんどの消費者が後発医薬品を利用しています。